職員インタビュー

気持ちが伝わり合ったり、共感し合えたりすると、すごくいい顔を見せてくれる。

グローバルキッズ西池袋園

開園から丸1年以上経ちましたが、開園の頃を振り返っていかがですか?

何度か開園は経験していましたが、いやとにかく大変でした(笑)。まず物理的に片づけなければならない量が多くて、本部やほかの園の先生もお手伝いにきてくれて本当に助かりました。一緒にやっていく先生方と、この開園準備のドタバタを通していい意味で関係が深まりましたね。開園から1年経って、今ではあの頃の光景が信じられないくらいみんな落ち着いています。子ども達の1年の成長ってすごいですね!

保育士を目指したきっかけは?

子どもの面倒をみる事が好きだったんです。とにかくかわいいから、好きだから、単純ですけどこんな自分の気持ちがきっかけです。

この仕事の魅力を教えて下さい。

子どもって、「かわいい」だけじゃないんです。気持ちが伝わり合ったり、共感し合えたりすると、すごくいい顔を見せてくれる。日々の成長する姿も見せてくれる、それが嬉しくてこの仕事を続けているといってもいいかもしれません。

毎日の保育で大事にしていることは?

この子がやりたいこと、思っていることをしっかり受け入れて、認めてあげることです。子どもは「今」の気持ちで動いているので、「あとでね」ではなくその子の「今」を受け止めてあげられるよう努力しています。とくにまだコミュニケーションがとれないような乳幼児の子どもたちには一段と注意を払っています。

この園の特色は?

地域との交流があることです。民生委員さんや地域包括センターさんのご協力のもと、近隣の高齢者施設の方がたとは年に数回「交流会」を開催しています。一緒に歌をうたったり、子どもたちにとっても楽しい時間になっています。地域のお祭りにもよんで頂いたり、これからも地域との絆は大事にしていきたいです。

 

この記事をシェア

  • twitter
  • faceboox
  • Line
  • twitter
  • faceboox
  • Line

東京都認可保育所 グローバルキッズ西池袋園

171-0021 東京都豊島区西池袋2-19-5 ラクレーシュ目白1~3F

【地域に愛される保育園を目指しています】
2016年開園。グローバルキッズ西池袋は、都内で「共働きと子育てしやすい街No.1の豊島区」
「ラーメンの激戦地区池袋!」目白駅・池袋駅の両駅から徒歩8分程の閑静な住宅地にあります。
目印は傍にある朱色に輝く鳥居です。
周辺には大正時代に造られた、季節の花が美しい「明日館」があり、桜の時季がお勧めです。
また早朝にドラマの収録をしていることもあります。
同じく大正時代に児童文化を築いた「赤い鳥社跡地」やその「赤い鳥」を由来に造られた「目白庭園」は、
四季折々の表情で散歩に行く子どもたちの目を楽しませてくれます。
西池袋は高齢者の方が多く、散歩や戸外あそびでお会いすると子どもたちは小さな手でバイバイをするなど、
かわいらしい笑顔を振りまいています。
「子どもの声はいいね~元気が出るよ。」と嬉しい言葉をいただいています。
今は地域に愛される保育園を目指しています。
職員は新卒からベテランまで明るくて優しく頼もしいメンバーがそろっています。
池袋でラーメンを食べて、文化に触れた後は是非グローバルキッズ西池袋園へお立ち寄りください。

あわせて読みたい

「孫の誕生休暇」取得者インタビュー②

職員インタビュー

「孫の誕生休暇」取得者インタビュー②

「孫の誕生休暇」取得者インタビュー①

職員インタビュー

「孫の誕生休暇」取得者インタビュー①

ハートキャッチキャンペーン(リファラル採用)で入社された職員インタビュー:後編

職員インタビュー

ハートキャッチキャンペーン(リファラル採用)で入社された職員インタビュー:後編

ハートキャッチキャンペーン(リファラル採用)で入社された職員インタビュー:前編

職員インタビュー

ハートキャッチキャンペーン(リファラル採用)で入社された職員インタビュー:前編