REPOログ
#03

周りの保育士の先生たちに支えられながらここまで来ました。これからも、嬉しいこと悲しいこと、いろんな思いを子どもと一緒に感じながら楽しい保育園をつくっていきたいです。<小林園長>

グローバルキッズたまプラーザ保育園

保育士になられたきっかけは?

ちょうど子育てが落ち着いてきた頃、近所の保育園で保育士を募集していたんです。以前ほかの勉強と合わせて保育士資格を取得していた自分にとって、資格を活かせるいい機会かなと思って応募したのが私の保育士人生の始まりでした。もともと子どもが好きでしたし、一緒に働く保育士さん達もみな素晴らしい方ばかりで、資格取得で終わらずこうやって実際に保育士になって本当によかったと思っています。

 

今まで、どんなことが一番嬉しかったですか?

赤ちゃんの頃からお預かりした子が卒園して大きくなっても、たまに会えば「先生!」といってちゃんと覚えていてくれる。その子の成長を見守ってきた保育士にとってこんな嬉しいことはありません。前へ進む子ども達のパワーをみると、こちらが勇気づけられる思いです。

 

保育で大事にしてるところはどんなことでしょう?

保育士の先生たちやお友達との中で毎日コツコツ積み重なっていく「笑顔」。この「笑顔」の繋がりを大事にしたいです。笑顔で繫がるから「また明日ね!」と元気よく気持ちよく一日を終えることが出来て、また次の日も喜んで登園してきてくれるんです。

 

保育士を目指している方たちにメッセージをお願いします。

保育園での毎日はまさにノンフィクションの世界で大変なことも多いけれど、それを遥かに上回る感動に必ず出会えるのがこの仕事の魅力です。生活をとおして子どもの全部と向き合う、子どもの成長に関わる、人と触れ合う最高の仕事だと私は思ってますので、ぜひ頑張ってください。

 

ありがとうございました。

 

<たまプラーザ園>

閑静な住宅街の中に位置する保育園です。園内は木のぬくもりに包まれ、広々とした玄関は送迎のときやお散歩のときなど、たくさんの子ども達を迎え入れてくれます。大きな窓ガラスから差し込む光が廊下や階段を明るく照らしています。

  • HOME
  • REPOログ
  • 周りの保育士の先生たちに支えられながらここまで来ました。これからも、嬉しいこと悲しいこと、いろんな思いを子どもと一緒に感じながら楽しい保育園をつくっていきたいです。<小林園長>