REPOログ
#02

ここは、みんなが一緒に成長していく場所です。園児だけではなく、保護者の方々も、私たち保育士も。なんでも相談してください。<益子 恵 園長>

グローバルキッズ市が尾園


益子園長

保育士になられたきっかけは?

「将来は自分の好きなことを仕事にしたい!」と考え始めたとき、自分の好きなものは「子ども」だということに気づいたんです。なので、高校卒業後は「自分の好き」を「仕事」にするべく迷わず保育の専門学校に進みました。幼稚園の先生ではなく保育士を選んだのは、授業っぽいことよりも生活に溶け込んでいる保育の方が自分には馴染んだからです。

 

保育士になられてからキャリアを中断されたことはありましたか?

はい、主人の転勤や自分の子育てに集中したいという思いから一旦保育士を辞めています。ですが、保育士にはいつか復帰しようと思っていたので、子育てしながらも「保育」への意識は高かったですね。仲間と一緒に子育てサークルを立ち上げたり、友人のお子さんを預かったり、保育士という肩書きは外れたけれど保育士のようなことばかりしていました。そのせいか、復帰にあたっての不安はあまりありませんでした。

 

復帰されてから現在園長となるまでの道のりをお聞かせください。

復帰後しばらくは無認可の保育園に勤務しました。いろいろなお母さんたちと出会い、いろいろな事情を理解していく中で、「無認可に頼らざるを得ない親御さんたちの力になりたい!橋渡しになりたい!」と考え始めたからです。なかなか大変な現場でしたが、保育内容の立て直しや各方面との交渉を最終的には私に任せてもらい、より信頼される保育園へと成長させていくことが出来ました。

そしてこの成長を見届けたら次は、「認可保育園で働く」というかねてからの自分の思いを実現したくなり、ここ、グローバルキッズ市が尾園にきました。

 

保育で一番大事にしていることは?

生活に重きを置くことです。生活を大事にすると、その子が安心して過ごせる場所、安心して自分を出せる場所になります。「安心」はその子の「土台」になりますから。

 

今まで嬉しかったことはどんなことですか?

子ども達も親も一緒に成長している、そんな姿が見られたときはやっぱり一番嬉しいですね。自分自身、経験を重ねるにつれ保護者の方がより近い存在になってきたのでそう感じるのかもしれません。私にとってこの園に関わって下さる保護者の方々は、園児と同じようにみんな「愛すべき」素敵な存在なんです。

 

ありがとうございました。

 

<市が尾園>

駅直結で抜群のアクセスのよさを誇りながら、園の中に一歩入ると温かい木のぬくもりに包まれた柔らかな空間が広がります。陽当りのよさとバスターミナル全体を見下ろせる眺望はビル4階に構える最大のメリット。近隣には公園も多く、人口芝が敷き詰められた広いテラスでは夏に水遊びも楽しめます。

  • HOME
  • REPOログ
  • ここは、みんなが一緒に成長していく場所です。園児だけではなく、保護者の方々も、私たち保育士も。なんでも相談してください。<益子 恵 園長>