代表メッセージ

代表取締役 中正雄一

すべては、子ども達の未来のために。

私たちは2006年6人の子どもたちを11人の職員でお預かりする小さな保育園からスタートしました。
そのグローバルキッズが創業時から大切にしてきたこと。
それは、子ども一人ひとりの思いを受け止め、その発達を捉え成長を見守り育む、丁寧で家庭的な保育の実践です。

長い時間、家庭から離れて過ごす子どもにとって、保育園や学童はもう一つの家庭。
木のぬくもりに包まれた安心で安全な施設、子どもの気持ちに寄り添い接する職員たち、食べること生きることの楽しさを感じさせるおいしい食事など、これらすべてが環境です。
子どもは環境に働きかけながら、環境を通して成長していきます。
その中で、遊びや学びが自発的に生まれ豊かに生きる力が育まれていく。
グローバルキッズは子どもたちのそんな一瞬、そんな毎日を創っていきたいと考えます。

そして、すべての子ども達が「生まれてきてよかった」「生んでくれてありがとう」と心からの感謝と自己肯定感に満ちた日々を過ごし、保護者の皆さまには、「預けてよかった」「子育てって楽しい」と感じていただく。

それを支えるのが、私たちの職員です。
だからこそ、保育に関わる全ての職員が輝き、笑顔で働ける環境を整備することが私たちのもう一つの使命でもあります。
大切な子どもたちの未来を一緒に創る職員一人ひとりを大切にする企業でありたい。
この実現にむけ、保育士をはじめとする保育従事者の働きやすい環境整備のみならず、その地位向上を社会に働きかけ続けていきたいと考えています。
経営母体の株式会社グローバルグループが東証一部へ市場変更を果たしたことも、私たちを取り巻く全ての人々の安心に向けた一つの足がかりです。

子どもたちの未来を創ること、それは「いま」「この場」を大切にすることでもあります。
いま、この瞬間にも子どもは成長しています。
子どもたちとその周りが笑顔であふれる社会の実現をめざし、私たちの挑戦は続きます。
ぜひ一度、私たちグローバルキッズに遊びにいらしてください。

2017年10月1日
代表取締役社長 石橋 宜忠
代表取締役 中正 雄一