食育

豊かな心をつくる「食育」

毎日の生活や遊びの中で、自らすすんで食に係る体験を、大切にしています。
日々の食事から、季節の行事食、クッキング保育など、
年間計画に基づき、地域性を活かした豊かな食育を行っています。

1こだわりの献立

  • 「食事摂取基準」を活用した給与栄養量の目標を設定。
  • 必要な栄養量が確保できるように献立を作成。ご家庭にも毎月献立表を配布します。
  • 旬の食材、行事食など、季節感のある変化に富んだ献立を提供します。

2食材への配慮

  • 食品の購入及び検収に留意し、新鮮で栄養価の高い、安全なものを仕入れています。
  • 季節の食材を取り入れ、食育に配慮した内容としています。

3離乳食

  • 0歳児は、調乳・離乳食のパターンに添った食事を提供。
  • 食品の種類・調理方法は子どもの身体的状況や発達段階での咀嚼力向上に配慮。
  • 保護者様との情報共有、連携を密にし、子どもの発達段階を見ながら、無理なく進めていきます。

4食育

  • 日々の保育の中で、自然に「食べる」ことを楽しむ様々な遊びや体験を取り入れます。
  • 季節の食材や行事食の提供
  • クッキング保育の実施(実施の有無は園によって異なります)
  • 野菜の収穫体験(実施の有無は園によって異なります)

5その他の取り組み

  • アレルギー対応食物アレルギーが疑われるときには、医師の指示のもと、園にて対応を検討いたします。発育に必要な栄養素が不足しないよう配慮し、家庭との連携を密にしながらきめ細やかな対応をいたします。
  • 衛生管理について給食の実施にあたっては、給食マニュアル及び衛生管理基準に基づき、万全の対策を講じています。