食べることを楽しみ、
感謝する気持ちを育む。

食に関わる体験の積み重ねが、食べることを楽しむ環境づくりにつながっています。また、食事の前はお部屋を片付ける、机を拭く、手を洗う、座って待つ、など、きちんとした「生活」の流れの中で「食事」が意識出来るよう働きかけています。

旬の食材や身近な野菜についてみんなで話し合う機会も多く設け、「食べ物」への興味喚起促進や、食事を作って下さる方々への感謝の気持ちを大切にしています。

また、幼児期はそれぞれ食べるペースが違うので、それも個性と捉え、食事の時間は子ども達をグループ分けするなど、保育士の目が届くよう配慮しています。